HDDが基板焼けした時どう対処する?基板が焼けたHDDの復旧方法とは?

HDDは日々消耗していく部品であり、HDDが基板焼けすることもあります。HDDの基板焼けは物理的障害になり、自分での復旧は中々難しく業者依頼がおすすめです。ここでは、基板が焼けたHDDの復旧方法や対処法についてお届けします。是非、復旧する際に役立てて下さい。

HDDの基板損傷とは?

基板損傷

基本的にHDDの基板が損傷してしまうと、そのHDDは使用することができません。たとえば、型番が同じもの、同じメーカーのものでも、書き込まれた情報が異なるので、直接HDD交換を行うだけでは正常にHDDは動作しないので、データ取り出しは難しいです。データを取り出す作業方法としては、HDDの基板上にある不揮発性メモリを適合した基板へ移す、または、情報の書き換え作業などが必要になります。しかし、HDDの基板損傷のみの場合には、このような作業でデータ復旧できる可能性もあります。但し、HDD内部や部品損傷など、複合的に故障している場合には、基板調整してもデータ取り出しには損傷部分の全交換が必要です。自分でHDDの復旧を行う際はデータ保持を前提とし、なるべく通電を行わないことが大切であり、論理障害で復旧可能なHDDを自分で復旧をした際、基板損傷させたり、他の障害が発生した場合は、データ取り出しが困難になったりする可能性が高くなることは覚えておきましょう。

PCからニオイがするもの原因の一つ

PCから発生するニオイの原因の一つに、HDDの基板損傷が挙げられます。HDDに不具合が発生した場合、パソコン内部から焦げたニオイが発生します。一般的な原因にはHDDの寿命が該当しますが、どの程度寿命が持つか分からないので、早急な対処を行うことが大切です。データ読み取りが可能な内に対処することができれば、大切なデータを消失することはありませんが、完全にHDDが壊れてしまうとデータ復旧は困難です。修理業者に依頼して復旧できても、状態によっては高額費用がかかる場合もあるので、なるべく早くプロに見てもらうことをおすすめします。

HDD基盤損傷に重要なPCB基盤

PCB基盤(制御基板)

HDDPCB基盤というのは、モーター制御チップや不揮発性メモリにて、電源から電気信号の通信や管理を行う部分になります。PCB基盤は、モーター回転開始や規定回転数にスピンアップする制御、モーターに電流を流しヘッドやスイングアームを動かして規定場所まで移動、パソコンとの通信開始など、色々な動作を行っています。基板は、HDD固有の情報を整合性パラメータで制御しており、基板交換しても他のHDDでは使用不可になっています。熱に弱い性質があり、チップ発熱での不具合、電気信号系統でのショートなど、動作不良を起す恐れもあります。基板はHDDから容易に取り外し可能なのですが、その後の動作確認はHDDの物理的破損に繫がる危険性もあり、十分な注意が必要です。

基板交換・チップ移植

PCB基盤というのは、型番や製品が同じものということでは動作はせず、HDDとのパラメータを読み取って動作します。もし、自分でHDD復旧を試みる場合には、同型基板を用意し、チップ移植作業を行う必要があります。チップ移植では、ハンダゴテを使用して作業を行うことになるので、高い技術が求められます。この時点で、元の状態にHDDが戻らない可能性もあるリスクがあるので、データの重要度や予算などを考慮し、実施するようにして下さい。基板は、基板のみ販売されているサイトもありますが、製造終了や入手困難の場合もあり、製品によっては高額なこともあります。

PCB基盤の不具合や障害

主に、基板の不具合には、チップデータ破損、基板焼き付き、基板破損が挙げられます。制御基板の不具合は、HDDの動作が行えないので、モーター回転していない、モーター回転は行っていても認識しなくなるなど、異常が見られるようになります。HDDは精密機器なので、落下や衝撃には弱いために不具合を起こしやすい機器ではあります。しかし、制御基板は、通電した際にショートする、普段使用している状況でも支障が出るなどの可能性もあります。また、ファームウェアの更新では、失敗してしまうと基板システム損傷で認識できないことがあります。

HDDPCB基盤での障害は、主に通電する際に原因があります。内蔵HDDの事例では、PCを立ち上げたままSATAケーブルの抜き差し、接続方法が違う通電方法でHDD基板にダメージが生じ、基板焼けやチップ破損するケースもあります。また、外付けHDDハードの場合、塵や埃などが付着した状態で通電して、基板の熱で熱暴走しHDD動作不良となるケースもあります。

基板焼けのHDD復旧方法とは?

基板焼けのHDD取り扱い注意点

基板が焼けるという障害は、HDD障害で多いことではありません。デスクトップ内蔵HDDでの割合が多く、ディスクの電源ケーブルの抜き差し後に発生するケースが多いです。最近のHDDは、同モデルの基板交換だけでは認識せず、独自のROM交換または情報書き換えが必要なので、自分で復旧するとなると難易度が高いです。依頼頂く中では、復旧率の高い障害となります。HDDは精密機械なので、パーツ交換をしていない状態でも、一度、分解することで、その後の復旧率は大きく低下します。初期診断無料の業者は多いですが、診断する際に「ディスク分解をしても良いか?」と聞かれたら断りましょう。分解することで確認できるのは、メディア面の損傷だけになります。これは、経験があれば分解なしで判断できる内容です。分解してしまうと、その後、依頼者の復旧の可能性を低くしてしまうので、初期診断時には必ず確認して下さい。

業者依頼した際の基板焼けHDDの復旧方法

まずは、ニオイの確認を行います。必ず、PCの電源を落としてからHDDを取り外し、緑色の基板部分のニオイを嗅ぎます。裏面にはチップが見えないので、特定場所が臭う場合には裏側チップ部分が焦げているケースもあります。どのチップ破損なのか、基板は使用できないのか確認し、必要に応じて基板交換やチップの移植を行います。

次は、PCB交換です。同モデルの基板と交換して情報移植します。まず、同モデルのHDDを準備しますが、型番が同じであっても生産国や年月日でHDDの形が異なる場合があることも覚えておきましょう。三角基板、四角基板、同じ基板でも配列やチップが異なる互換性がない場合もあります。また、ROM情報の書き換えに関しては、データ復旧専用機器を使用します。ROM移植は、モデルごとに違うので、データ復旧経験で見極めていきます。

そして、イメージ取得を行い、データコードの完全コピーを行います。基板損傷の場合には、電源が入らないので故障状態で止まっているケースが多いです。なので、殆どの場合、プラッターのアクセスはできません。故障状態を維持でき、依頼者が電源を入れたり、再起動したり、それらの行いでプラッターのダメージやデータコード変更など、状態悪化しないことが理由になります。故障した瞬間のデータコードを、そのまま復旧する作業を行います。

最後は、データの抽出です。HDDの基板焼けでは、大体そのままの構造で復旧することができます。イメージコピー後、そのままデータアクセス可能な場合も多いです。基板のショートは、電源を入れた際に発生しやすく、データアクセス前の故障なので、データコードをそのまま復旧できる場合が多いのも特徴になります。そのまま起動できるよう、イメージ復旧状況によって対応できるので、必要な場合には相談も可能です。

基板焼けのHDD復旧は業者依頼が一番!

基板焼けHDDというのは、HDDの物理障害であり、PCに衝撃が加わったことによって、物理的にHDDが焼けて壊れてしまった状態です。状態によっても違いますが、モーターの焼き付き、基盤破損、ショート、ヘッドクラッシュなど、様々な要因が引き金となって深刻なデータエラーになっており、自分で修理することは難しいといえます。その理由は、HDD基盤故障では、部品を取り換えればHDDが元通りになり、データアクセスできるようになります。しかし、自分で基盤購入はできませんし、同じメーカーの同じ型番HDDを購入して付け変えを試みても、製造ロットやOEM先の違いで制御論理が異なる場合があり、データアクセスできない場合があるからです。また、基盤というのは、ハンダ付けされた部品であり、交換は簡単ではありません。上手く交換できず、ハンダの熱で回路を壊してしまうので、素人では取り扱いは難しいのです。

さらに、ヘッドクラッシュやモーターの焼き付きになれば、もっと復旧が難しくなります。磁気ディスクとアクセスヘッドの隙間は10nmしかないので、ゴミや埃の付着は絶対的にNGです。一般家庭の部屋でHDDを分解することが、どれ程危険な行為であるか想像できるかと思います。HDDの分解や修理は、基本的に、クリーンルームといって、埃のない環境の中で作業が行われるものです。物理障害にも対応している復旧業者では、必ずこのクリーンルームを完備しており、そこで復旧作業を行っています。専門スタッフがPC一台一台手作業で修復作業に当たります。なので、データ復旧にはどうしても費用はかかりますが、自分で作業したことでデータ消失リスクを考えると安全・安心です。HDDの基板焼けの場合は、自分でデータ復旧することはできないので、プロに復旧診断してもらい、確実な復旧作業を進めていきましょう。

まとめ

ここでは、基板が焼けたHDDの復旧方法や対処法についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?最近のHDDというのは、同モデル基板の交換だけでは認識せず、独自のROM交換、或いは、情報書き換えが必要です。なので、自分で復旧するには難易度が高い障害で、プロに復旧してもらうのがHDD復旧の近道です。自分で無理に解決しようとせず、専門知識を持ったプロに相談して下さい。HDDの基板焼けは、早めの復旧が悪化させない一番の方法です。プロに依頼し確実な修復を行いましょう。