HDDデータの完全破壊は、スピード、価格、実績の時代へ。

HAKUの特徴

HDD、SSD、記憶装置の物理破壊ならHAKUへお任せください

HDD破壊のHAKUでは、HDDはもちろん、SSDやLTO、DAT等のテープメディア等様々な記憶装置を専用の破壊機で破壊いたします。
HAKUで破壊できないメディアはございません。
また、HDD破壊後のPC機器や液晶モニター等の機器をお買取りさせていただく事も可能です。
HAKUは社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA Japan Electronics and Information Technology Industries Association)の基準を満たしています。

HAKUのHDD物理破壊サービスの特徴

産業廃棄物処理に代わる新しいPC廃棄方法

産業廃棄物処理はPCを廃棄した証拠とはなりますが、データを消去した証拠ではございません。
2017年に産業廃棄物処理したはずのPCのHDDがネットで販売され、中の顧客情報が流出した事件もおきました。
HDD破壊のHAKUでは、パソコン内データが集約される記憶装置を物理破壊し、データが無くなった状態のPCをお買取りさせていただきます。
確実にデータを消去し、PCを有価物としてお買取りさせていただく事で、安価で最高のサービスをご提供致します。
PCの年代によってはお買取り価格が作業代金を上回る事例も多数ございます。

SSD・メモリーに対応した物理破壊機


SSD(ソリッドステートドライブ)は複数の記録チップが配置されていて、メーカーや型により記録チップの位置が異なります。
理論上は一つでもチップが残っていれば、そこからデータ復元が可能であると言われています。
従来のHDD専用の破壊機ではチップの破壊漏れの可能性がありました。
HAKUではSSD専用破壊機を使用する事で、最大40カ所の多点穴あけを行い、さらにV字に折り曲げ圧迫破壊します。
内部のチップを漏れなく破壊する事が可能です。

テープメディア破壊に対応した物理破壊機


CMT(3590等)、DLT、LTO、DAT72(QIC)やVHS等テープメディア専用の破壊機を導入しております。
最近ではテープメディアの大容量化が進み、サーバーの記録用等にテープメディアが使用されております。
各種電子メディアを切断破壊いたします。
最高機密データ抹消は物理的に破壊する事がアメリカ国防省(DoD5220.22M)や国家安全保障(NSA)のガイドラインで求められています。
サーバーで使用する程の機密データは必ず物理破壊する事をお勧めいたします。

 

専門業者だからできるスピード感

様々な機種、膨大な量のHDDを破壊してきたHDD物理破壊の専門スタッフなので、HDDがPC内のどの位置に搭載されているのかを知っています。
PCから無駄なく最短距離でHDDを取り外しますので、出張作業でもお時間をいただきません。

◇ 作業時間の目安 ◇
取り外し含むHDD破壊 
書類作成無し シンプルプラン
100台:
約1時間30分
取り外し含むHDD破壊 
書類作成あり 通常プラン  
100台:
約3時間

 

回収後破壊はセキュリティの高い社内で

出張して作業するスペースが無い、音が気になって社内では・・・というお客様は出張引き取り後、弊社内で物理破壊を行います。
GPS搭載車にて弊社スタッフが回収にお伺いし、監視カメラのある弊社内で作業を行います。
作業中、室内は施錠し部外者は立ち入りできません。

 

作業終了証明書の発行

郵送にてデータ消去サービスのご依頼いただいた企業様へは、「作業終了」のエビデンスとして証明書を発行しています。
ご希望の場合はお申しつけください。(有料)

作業終了証明書の発行

 

HDD出張データ消去サービス

通常郵送にてサービスを承りますが、企業様へ当社スタッフがお伺いしてデータ消去をする出張サービスも行っています。

HDD出張データ消去サービス

お問い合わせ|お電話、またはお問い合わせフォームから、お問い合わせください。 03-5817-4256

お問い合わせ|お電話、またはお問い合わせフォームから、お問い合わせください。 03-5817-4256

ページトップへ戻る