全くHDDが動かなくなったのは何故?動かないHDDの復旧方法とは?

HDDは、OSやその他ソフトをインストールしたり、パソコン内のデータ保存に使ったり、大切なパーツです。そんな重要なパーツですが、HDDが全く認識しなくなった場合は、HDDに故障がおきています。ここでは、全く動かなくなったHDDの原因、対処法、復旧方法についてお届けします。

そもそもHDD回転異常の原因とは?

モーター異常

HDDモーターには、主に、記録面部分を高速回転させる、モーターを円滑駆動させるためにオイルが差されている、強い衝撃発生時にはモーターを自動ロックする機能、このような役割・機能・特徴があります。しかし、モーターが故障するとロック機能が働くので、そこまで頻繁にモーター異常が起こることはありません。但し、久しく使用していないHDDの場合は、オイルの経年劣化で揮発し、異常が発生する場合があります。また、モーター故障している場合は、大きな異音がするので、素人でもHDDの異変に気付きます。尚、モーター異常の発生時でも、データ記録面は問題ないケースが多いので、早急に対応することで復旧できる可能性は高いです。しかし、HDDの分解作業を行う必要があるので、自分では作業することはできません。

PCB基板からモーターへの指示系統異常

PCB基板とは、電気信号でHDD動作の命令や管理を行います。このPCB基板が異常を起こすと、モーターへの命令にも同じように異常が発生して、HDDは不規則な動きをしたり、止まってしまったりするのです。また、同じHDDモデルでも、異なるオリジナルドライブデータが存在するので、個人作業では復旧不可能で専門業者へ相談する必要があります。

プラッタと磁気ヘッドの癒着

HDDというのは、磁気ヘッドが記録面であるプラッタにデータ読み書きしています。この2つの部品は、通常は接することはないのですが、物理的衝撃や経年劣化が原因で接することがあります。この状態になると正常にモーター回転できず、通電作業と磁気ヘッドがプラッタに接したまま回転し、プラッタを傷付けてスクラッチを引き起こします。スクラッチが起きてしまうと、データ復旧の難易度が難しくなります。

HDD回転異常の際の注意点とは?

まずは、通電を避けましょう。これは、回転異常に限らずHDD異常発生時というのは、基本的に通電は避けることが大切です。その理由は、HDDがスクラッチを引き起こす可能性はもちろん、不規則回転するHDDはデータ読み書き領域にも異常が発生してしまう恐れがあるからです。その結果、重要データが意図せず上書きされてしまったり、その領域からデータ取り出し不可になったりする場合もあります。こうしたHDD異常があってもデータ移行を行う場合には、重要度の低いデータのみの移行だけにしましょう。

また、衝撃を避けることも大事です。HDDへの衝撃というのは、正常なHDDに対しても避けることが大切です。HDDのどの部分に異常発生しているか分からない場合、衝撃が加わったことでモーター軸のズレや磁気ヘッドのプラッタ接触など、問題が発生してしまう場合があります。その結果、基盤交換だけで復旧ができたHDDも、様々な障害併発によって復旧難易度が上がってしまうので注意しましょう。

そして、HDDというのは個人作業での復旧は困難であることです。HDDの物理障害では、HDD本体が破損している状態です。HDDのデータが壊れている論理障害であれば、データ復元ソフトなどで復旧できる場合もありますが、物理障害の場合はHDDの部品交換を伴い、HDDごとに異なる部品調達した後、交換作業を行うことになります。また、HDDの開封作業が必要で、クリーンルームという空気清浄度が高い設備での作業が必須です。さらに、モーター交換では、分解作業になるので専門エンジニアでなければ、素人では難易度が高過ぎます。個人作業は、通電を伴う危険性もあり作業全般が危険であるので、最悪、HDDのデータ消失になる可能性もあります。データの重要度が低い場合、データ移行を試みることも良いかも知れませんが、重要度が高い場合には専門業者へ相談するのが一番です。

HDD起動不可の主な原因と対処法とは?

まずは、WindowsなどのOS破損が挙げられます。OSや起動のためのファイル破損では、PC起動不可になる場合があります。この場合、Windows Updateの失敗、起動中の電源落ち、OS動作に必要なファイル消去、ウイルスによるファイル消去など、色々な原因があります。ですが、セーフモード起動で回復できる場合もあります。どちらにしても、何回かHDDの再起動を試みて、それでも起動不可の場合にはプロに診てもらった方が良いです。ただ、このようなケースでは、内蔵HDDが壊れていないので、ほぼデータ救出可能で、少し手間はかかりますがOS再インストールで、今まで通りに使用可能になります。

次に、HDDの物理的破損が挙げられます。HDD物理的に破損して起動不可になった場合、少し厄介になります。HDDというのは消耗品なので、いつかは寿命がきて壊れます。しかし、その寿命時期が完全には読めないことが怖いところで、ある日突然HDDが起動不可になってしまうことは結構多いのです。この場合、HDDを交換する方法しか手はないのですが、問題はHDDの中に入っているデータ救出です。OSやソフトウェアに関しては入れ直せば直りますが、作成文書、表、写真などのデータ救出は、場合によっては困難であり、プロに依頼しないと復旧することができない場合もあります。

さらに、外付けHDDが起動しないことも挙げられます。USB接続した外付けHDD、通常の外付けSSDが起動不可になるケースもあります。よくあるのがケーブルやコネクタの不良です。特に、USB3.0のコネクタは抜けやすく、構造的にも壊れることが多いです。また、HDDが起動不可の場合は、まず、ケーブル接触確認、別のケーブルに変えるなど、色々試してみましょう。次に多いのが、HDDの電力不足です。特に、ノートPCの場合は、USB1ポートの電源容量で必要電力確保できず、HDDが起動しないケースがあります。そのような場合には、専用ケーブルを使用して2つ以上のUSBポートからの電源供給、または、ACアダプタ付きの機種を使いましょう。

全く動かないHDDの復旧方法とは?

まずは、基板交換を行います。この作業では、基板交換から電源が入るか切り分けを行います。通常、基板交換しても正常認識はできませんが、電源が入ってHDDが回転するか確かめます。基板交換してHDDが回転する場合、基板上のROM交換を行い、HDDが復旧する可能性が高いです。一方、基板交換してもHDDが回転しない場合には、ヘッド癒着などが疑われます。

もし、ヘッド癒着などが疑われる場合には、ディスク分解を行います。これは、ヘッドが正常位置にあるかの確認を行う作業です。2.5インチのHDD3.5インチのHDDは、メーカーにもよりますが、ヘッドがプラッタ上から外れて、外に止まっていることが多いです。分解して、ヘッドがプラッタ上に落ちていれば、障害原因はヘッド癒着となるのでヘッド交換を行います。ヘッド交換では、プラッタを傷つけないように行うので難しい作業になります。

復旧作業では、モーターの確認も一緒に行います。モーター回転させて動くかを確認します。モーターというのは、落下や強い衝撃が加わったことでロックされた場合には、固まってモーター回転はしません。ヘッド交換を行う際にもプラッタ回転させる場合があるのですが、手でモーターを回して回るのであれば、モーター不良でなくヘッド癒着のみと判断します。落下した場合には、両方の症状が発生する場合もあり注意が必要です。

そして、HDDが認識できたらイメージを取得します。基板損傷のみであれば、大きな損傷はデータコードに発生していないですが、ヘッド癒着は、ヘッドが落ちたプラッタ位置で必ずメディア損傷するので、その領域はスキップして他のデータ取得を行います。メディア損傷部分を読むとヘッド故障してしまうので、スキップするか最後に取得します。

他にも、全くHDDが動かない場合は、電源を入れることもできませんよね。その場合は、故障状態そのままを維持できるので、HDD状態が悪化しない分、他の障害より高い復旧率で直すことが可能です。HDDの何が損傷しているのか分からない程度の損傷なので、データ復旧はできます。なので、諦めずにプロに相談することがおすすめです。

HDD回転異常の対処方法!

まずは、修理業者・メーカーに相談することです。HDDに保存されているデータが必要なく、HDDを正常に動くようにしたい場合、修理業者やメーカーに相談してみましょう。修理業者やメーカーの目的というのは、機器修理、または、機器交換です。なので、今使用しているHDDを使えるようにすることが可能です。しかし、HDD内のデータは消失されるので、必要データが保存されている場合は、他の対処を取る必要があります。

その方法として、データ復旧専門業者に相談することが挙げられます。HDDに保存しているデータが必要な場合、データ復旧業者に相談するのが賢明です。データ復旧業者の目的というのは、データの復旧・復元なので、正常に動かなくなったHDDであってもデータを取り戻すことが可能です。修理業者やメーカーの中には、データ復旧サービスを行っているケースもありますが、HDDの復旧作業には専門知識と設備が必要になります。安全・確実にデータを復旧したい場合には、データ復旧の専門業者へ相談下さい。

まとめ

ここでは、全く動かなくなったHDDの原因、対処法、復旧方法についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?個人でHDD復旧を行えることを試してみて、復旧できる可能性もあります。しかし、悩みながらの作業は、かえってHDDの状態悪に繫がる恐れがあるので、困った際にはデータ復旧のプロに任せることを優先しましょう。悩む時間も解消され、大事なデータも戻り、費用も抑えられることが多いです。まずは、お気軽にHDD復旧の無料相談から問い合わせ下さい。