HDDデータの完全破壊は、スピード、価格、実績の時代へ。

PCを処分する際の注意点

パソコンを破棄する前に……

あなたの会社ではパソコンを処分するときにどういったフローを実践していますか? こちらではパソコンを廃棄する前に気をつけたいポイントをいくつかご紹介します。情報漏洩の対策はもちろん、他の注意点もご紹介します。

大切なデータは残っていませんか? 残っていないといい切れますか?

大切な顧客情報や自社の社外秘の機密情報などを残したまま、パソコンを廃棄することは、企業生命を脅かすリスクを秘めています。ハードディスクから完全に消去されているかどうかは確認が困難であるため、専門業者にデータ消去を依頼がベストです。

必要な情報の吸い出しは完了していますか?

仮に今後必要なデータが残ったまま廃棄処分をしてしまうと、それに気づいたとしてもそのとき既にデータが失われていることも十分考えられます。復元ソフトや復旧サービスを行っている業者へ依頼すれば、データが回復できる場合もありますが、100%復元できるといい切れるものではありません。確認しすぎるということはないので、念には念を入れて二重三重の確認を行い、必要なデータは社内LAN上やUSBなどに保存してから廃棄処分を行いましょう。

パソコンはリサイクルが可能です

パソコンはひとつひとつの部品ごとにリサイクルが可能です。ひとつひとつの部品を分けることで、活用の幅が広がり、地球にやさしいリサイクルを行えます。

HDD物理破壊から証明書の発行


お問い合わせ|お電話、またはお問い合わせフォームから、お問い合わせください。 03-5817-4256

お問い合わせ|お電話、またはお問い合わせフォームから、お問い合わせください。 03-5817-4256

ページトップへ戻る